アニメ「オオカミさん」ナレーションの多さに好みが分かれる

 「オオカミさんと七人の仲間たち」第2話が放送され、サイトにレビュー記事が掲載されている。同作品は新井里美さんの担当するナレーションが多いのが特徴的で、中にはうっとうしく感じる人も出てきている。ちなみにナレーションが「黒子」といわれているのは、新井里美さんが担当する「とある魔術の禁書目録(とある科学の超電磁砲)」白井黒子役の声に近いことからだ。


 ナレーションは確かに多いかもしれない。でも別に気にならないし、ナレーションにツッコミを入れたりするノリは個人的に好きだ。今季アニメの中では「オオカミさんと七人の仲間たち」は結構面白いと思う。しかし問題はナレーションの声が黒子ということかもしれない。ナレーションとしては黒子の声は適当ではないとは思う、なんというか目立ちすぎるのである。ナレーションはあくまでもアニメの演出の一つであって、表舞台に立つ役者というよりは縁の下の力持ちであるべきだと思う。アニメの中でさりげなく入っているからこそ、ナレーションは鬱陶しくなく、さほど気にもとめずにさらりと聞けるのだ。黒子のあの特徴的な声にそれは不可能だと思う。まあ、管理人はそれも含めて「オオカミさんと七人の仲間たち」が好きですけどね。


オオカミさんと七人の仲間たち 第1巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー
2010-09-22

ユーザレビュー:
原作との差異が良いこ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

主人公のへたれストーカーぶりが、なんだか斬新。

オオカミさんと七人の仲間たち (電撃文庫)
メディアワークス
沖田 雅

ユーザレビュー:
まさか腎虚ネタをラノ ...
よいラノベです ラブ ...
変態シリーズの入口面 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

アニメが気に入ったら原作もチェックしてみてはいかが?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック