3DSの「ラブプラス」は、彼氏の顔を認識する「カレシロック」機能を搭載。

●『Project ラブプラス for Nintendo 3DS』は完全新作

 十羽野高校クリスマスパーティ実行委員会主催によるKONAMI『ラブプラス』のクリスマスイベント、“メリープラスマス2010”が、2010年12月23日に東京ミッドタウンで開催された。同イベントにて明らかにされた各種発表事項を紹介。


 まず、イベントの最後でサプライズ発表されたのが“ラブプラスプロダクション”の設立。これはKONAMIの独立プロダクションで、位置づけとしては“小島プロダクション”や“ウイニングイレブンプロダクション”に近い。『ラブプラス』シリーズの統括プロデューサーで、ラブプラスプロダクションの陣頭指揮を取る内田明理氏によれば、こちらでは学園、恋愛、コミュニケーションをテーマにした作品が手掛けられるという。具体的なタイトルとして名が上がったのは『ラブプラス』シリーズ、『ときめきメモリアル ガールズサイド』シリーズ、『とんがりボウシと魔法のお店』などといった過去に内田氏がプロデューサーを務めたタイトル群。先日発表されたニンテンドー3DS用ソフト『Project ラブプラス for Nintendo 3DS』も、ラブプラスプロダクション発のタイトルとなる。


 イベントでは、その『Project ラブプラス for Nintendo 3DS』に関する新規情報も複数明らかになった。発表はすでに公開されているプロモーションビデオを内田氏とプロデューサーの石原明広が検証していくという形で行われた。映像を観た人ならご存知だと思うが、このPVの序盤には高嶺愛花がニンテンドー3DSから飛び出してくるという印象的なシーンがある。石原氏いわく、3Dなのでキャラが飛び出してくるという表現はあるにはあるが、それよりも「奥行きによって空気感が伝わってくるようになる」という点に注力をしているそうだ。もうひとつの特徴的なシーンとして、本体を横持ちで遊ぶシーンがPVには収録されている。これには、横向きにしなければ3D表示ができないという理由から。もちろん従来までの縦持ちプレイも収録されているので、シーンによって本体の持ちかたが変わってくるのだろう。


 解像度の向上によってより細かな表現が可能なったことを説明する中では、詳細は不明だが気になる発言も。PV内に愛花のスカートが風で少しめくれる場面があるのだが、ここでカメラのシャッターを切る音が鳴る。石原氏いわく、ここには「見逃してほしくない」何かがあるらしい。


 ニンテンドー3DS本体の内側に搭載されたカメラを使用した機能も本作では用意。これは、カレシ(プレイヤー)の顔をカノジョが覚えてくれるというもので、カレシではない人物がプレイすると「どちらさまですか?」といった反応を見せるのだという。通称“カレシロック”と呼ばれるこの機能で、カノジョたちとの距離感はさらに近づくこと間違いなし。


 ゲーム内容意外の部分として『Project ラブプラス for Nintendo 3DS』の位置づけにつも言及し、石原氏は「完全新作です」と断言。ボイスの録音時間は過去最多になるという。また「今の“カノジョ”が一番かわいい」をテーマを掲げている、と石原氏。「マンネリになっている人もいるかもしれないけど、本作でもう1度カノジョに惚れ直してほしい」とユーザーに語った。



■寧々さんが、ホールズをプロデュース

 キャドバリー・ジャパンのメントールキャンディ“ホールズ”を、のど飴好きで知られる姉ヶ崎寧々がプロデュース。“ホールズ ピンクグレープフルーツ味”として、2011年1月31日より販売開始される。また、2011年6月ごろには寧々さんをフィーチャーしたパッケージバージョンも登場予定。ホールズおよび『ラブプラス』の公式サイトでは、寧々さんも登場するムービーが公開中。






 彼氏の顔を認識する「カレシロック」機能について、気になる点がある。もしも、もしもの話だけど、カノジョに会うたび「どちらさまですか?」を連呼されたら・・・ 電子の彼女にさえ、彼氏として認めてもらえない可能性があるんじゃ。絶対裏切らないはずのカノジョに裏切られて、ショック死する人が出ないといいけど・・・


ラブプラス+
コナミデジタルエンタテインメント
2010-06-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラブプラス+ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

死ぬまでそうあれるなら、間違いなく君の彼女だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック