PSP『シュタインズ・ゲート』はXbox 360版ダウンロードコンテンツで配信された要素はすべて収録

●Xbox 360版のダウンロードコンテンツの要素も収録

 Xbox 360とPCで発売されたアドベンチャーゲーム『シュタインズ・ゲート』が、PSPに移植される。本作は複雑に絡み合うシナリオが、ラストで一気に収束。その構成が多くのプレイヤーを魅了し、口コミで人気に火が点いた作品。Xbox 360、PCで人気を博した同作。PSP版では、Xbox 360のダウンロードコンテンツとして配信された要素はすべて収録されている。


■神をも冒涜する12番目の理論 ――それは、俺たちが手にした偶然の産物。

 岡部倫太郎、通称オカリンは、自称“狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真”を名乗る、厨二病から抜け出せない大学生。未来ガジェット研究所という、メンバー3人だけの発明サークルを秋葉原に構え、ヘンテコな発明をする日々を送る。そんな彼らが新たに発明した未来ガジェット8号機“電話レンジ(仮)”には、偶然にも意図しなかった驚くべき機能が隠されていた。それは過去へと電子メールが送れるというものであり、すなわちタイムマシンだったのだ。そんなある日、オカリンはアメリカの学術雑誌に論文が載ったという弱冠18歳の天才少女、牧瀬紅莉栖と出会う。だが、オカリンは、その牧瀬紅莉栖が数時間前に殺害されているのを目撃していたのだった……。


■PSP版追加要素

 PSP版には、いくつかの要素が追加されている。PC版で追加された立ち絵やイベントCGに加え、新オープニング、エンディング曲も追加される。

●立ち絵&追加イベントCG
●オープニング&エンディング新収録
●オープニングムービー新規作成



 やっと「シュタインズ・ゲート」がPSPに移植されましたね。やはりアドベンチャーというジャンルは、PSPというハードが向いているように思います。発売日が待ちきれなくて、5~6時間しか眠れない日々が続きそうです。

『シュタインズ・ゲート』
メーカー 角川書店
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年6月発売予定
価格 6090円[税込]
ジャンル アドベンチャー / サスペンス・科学

備考 限定版は8190円[税込]、企画・原作:志倉千代丸、キャラクターデザイン:huke、ガジェットデザイン:SH@RP、シナリオ:林 直孝、シナリオ構成協力:下倉バイオ(ニトロプラス)、アートディレクター:ぺはら塗装(ニトロプラス)、音楽:阿保 剛、磯江俊道、プロデューサー:松原達也、開発:5pb.、ニトロプラス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック