「あの花」第4話 ゆきあつの女装が暴かれたことが話題

 アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)」第4話が放送され、多数のサイトにレビュー記事が掲載されている。

 主人公・仁太(じんたん)のところに死んだはずの芽衣子(めんま)が現れたことから始まるストーリー。かつての仲良しグループが再び集まり、めんまの死への思いやお互いの関係などが描かれる。

 第4話では、松雪集(ゆきあつ)のめんまの死への思いや行動が暴かれる展開となった。その流れで、ゆきあつの女装シーンも。

 なおBD&DVD第1~2巻が予約受付中。6月29日から順次リリースされる。第1巻は1話のみ収録で、低めの価格設定。完全生産限定版には特典として、特典CD「REMEDIOS オリジナルサウンドトラックVol.1」、第1話絵コンテ集(絵コンテ:監督・長井龍雪)、6Pライナーノーツ、オーディオコメンタリーなどが用意される。

 第2巻には2話を収録。完全生産限定版の特典として、特典CD「REMEDIOS オリジナルサウンドトラックVol.2」、6Pライナーノーツ、オーディオコメンタリーなどが用意される。



 管理人はまだ「あの花」第4話を観ていないので何とも言えないのだけど、それでも。どんな理由があろうとも、女装は女装、正当化はできないぞゆきあつ!



▲アマゾンでの価格は3080円。メンマは可愛いし、あなるはエロ可愛いし、おすすめ!




▲あなるぅ~!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック