西尾維新・話題の最新作「少女不十分」は10年かかった自伝的内容

 西尾維新さんの小説「少女不十分」が発売された。イラストは碧風羽さんが担当。「西尾維新、原点回帰にして新境地の最新作」。

 帯に「この本を書くのに、10年かかった」とあり、西尾維新さん本人をモデルにした自伝的な内容。




●講談社による内容紹介

少女はあくまで、ひとりの少女に過ぎなかった……、妖怪じみているとか、怪物じみているとか、そんな風には思えなかった。





●「少女不十分」あらすじ

悪いがこの本に粗筋なんてない。これは小説ではないからだ。だから起承転結やサプライズ、気の利いた落ちを求められても、きっとその期待には応えられない。これは昔の話であり、過去の話であり、終わった話だ。記憶もあやふやな10年前の話であり、どんな未来にも繋がっていない。いずれにしても娯楽としてはお勧めできないわけだが、ただしそれでも、ひとつだけ言えることがある。僕はこの本を書くのに、10年かかった。「少女」と「僕」の不十分な無関係。

「少女不十分」裏表紙より





●同作品に登場した西尾維新さんの過去作品の元ネタをまとめ

言葉を頼りに生きる少年と青い髪の天才少女の物語  戯言シリーズ
妹を溺愛する兄と曖昧を許せない女子高生の物語   世界シリーズ
地球を救おうとする小学生と夢見る魔法少女の物語  りすかシリーズ
家族愛を重んじる殺人鬼と殺しに惹かれるニット帽の物語 人間シリーズ
化け物を助けた偽善者と彼を愛した吸血鬼の物語   化物語シリーズ
映画館に行くことを嫌う男と彼の十七番目の妹の物語 ニンギョウガニンギョウ
感情のない大男と感情まみれの小娘の物語       刀語シリーズ
挫折を知った格闘家と挫折を無視する格闘家の物語  蹴語
売れてしまった流行作家と求職中の姪っこの物語    難民探偵
奇妙に偏向した本読みと本屋に住む変わり者の物語  なことシリーズ
失敗ばかりの請負人と振り回される刑事の物語     哀川潤の失敗
意志だけで生き続けるくのいちと見守られる頭領の物語 真庭語




 ライトノベルでも小説でもない、じゃあ何かと問われても、わからない。あらすじをずっと読んでいるような、そんな感覚。最初は面白くないのかもしれないと感じたけど、読み進めれば読み進むほど異常なくらいどんどんどんどん面白くなっていく。それは、睡眠時間を削るほどの面白さで、読み終えるまで、読むことをやめれなかった。感動作という言い方をしてしまうのはちょっと違う気がするのですが、それでも、終盤は泣いてしまった。





少女不十分 (講談社ノベルス)
講談社
西尾 維新

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 少女不十分 (講談社ノベルス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

▲ライトノベルでも、小説でもない西尾維新の最新作。ファンの人も、初めての人も、これまでにない衝撃を受けるのは確か。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック