ニンテンドー3DS“ニンテンドーeショップ”における追加コンテンツへの対応を発表

●ニンテンドーeショップのアップデートで機能を実装

 任天堂は2011年10月28日、都内で開催したアナリスト向け説明会で、“ニンテンドーeショップ”における追加コンテンツへの対応を発表した。これは2011年11月末に実施されるニンテンドーeショップのアップデートに伴って実装される機能で、対応したソフトは2012年より投入される予定。なお、本件に関して一部で“アイテム課金型”と報じられているが、任天堂の広報部に問い合わせたところ、課金でゲームが進行する形式とは異なる、との回答を得た。ただし、追加コンテンツを有料でダウンロード販売する可能性はあるとのこと。

 そのほかにも、説明会ではニンテンドーeショップの新機能が複数発表された。起動回数を制限する試遊版の提供が可能となり、“おすすめ投稿”は、実際に1時間以上プレイした人だけが1票投稿できるシステムとなり、レビューの信頼性がさらに増す。また、複数のソフトをまとめてダウンロードしたりする場合や、大容量のソフトをダウンロードする場合の待ち時間を改善するため、ソフトのダウンロードはスリープ中に行えるようになるとのこと。

 今回の更新の以降のステップとして、ニンテンドーeショップをWeb化して、PCやスマートフォンからアクセスできるようにするという取り組みも発表に。当初は、PCやスマートフォンから直接ソフトを購入することはできないが、将来的にはPCやスマートフォンからもソフトを購入できる仕組みを検討中だという。




 今回発表された情報の中で、特に気になったのは、追加コンテンツへの対応・起動回数を制限する試遊版の提供・スリープ中のソフトダウンロードの3点。その中でも注目したいのが『起動回数を制限する試遊版の提供』という部分。これはつまり、起動回数が制限されたゲームソフトの体験版ということだろう。映像を観たり、新たな情報をしるだけでは、どうしても知りえない面白さというものがゲームにはあるので、実際に体験できるとなると、購買意欲を高めたり、購入予定のなかったソフトの面白さに気付いたりといった、利点がある。その逆ももちろんあるだろうけど、プレイヤーとしてはそれさえ『面白くないソフトの購入を未然に防げる』という利点になる。

 今回の発表で、3DSが今年の年末、ソフトラインナップだけでなく、様々な要素が追加され、より面白くなるとわかった。本体が一気に普及することは間違いなさそうです。11月~来年1月で100万台超えも、全然ありえる。本体が普及して、ソフトラインアップがさらに強化されていけば、ユーザーとしては嬉しい状況になりそう。ゲーム機でこんなにワクワクするのはひさしぶりだ。






ニンテンドー3DS アイスホワイト
任天堂
2011-11-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニンテンドー3DS アイスホワイト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ニンテンドー3DS フレアレッド
任天堂
2011-07-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニンテンドー3DS フレアレッド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック