3DS『萌え萌え大戦争☆げんだいばーん 3D』発売日決定&3DS版のみ新シナリオ追加!

画像
画像





 システムソフト・アルファーは2011年11月9日、ニンテンドー3DS用ソフト「萌え萌え大戦争☆げんだいばーん 3D」を、12月15日に発売すると発表した。価格は6090円(税込)で、CEROレーティングはD(17歳以上対象)。

 2011年4月に発売された、本作のオリジナルにあたるPC用ソフト「萌え萌え大戦争☆げんだいばーん」は、「萌え萌え2次大戦(略)」(2007年)に続く、萌え萌えシリーズ第2弾という位置付けのタイトル。現代の戦場を舞台に、厚い装甲と強力な武器を装備した人型兵器「鋼の乙女」(という名の可愛い美少女)達が激しい戦いを繰り広げるターン制のシミュレーションゲーム。

 本作は、そんな「萌え萌え大戦争☆げんだいばーん」の3DS版。3DS版には、オリジナル版に、新たなシナリオを3本追加、また、ほかのプラットフォームにはない特殊スキルが追加されているほか、3DSならではのスライドパッドやタッチペンの操作にも対応している。ダメージを負った鋼の乙女を修復できるコミュニケーションパートでは、乙女達をタッチペンで“こすったり強くつついたり”することで修理が行えるという点も、なかなかにそそるポイント。

 また、オリジナル版発売の時点でマップはすでに3D化されているが、3DS版では立体視にも対応。シミュレーションパートにおける臨場感もさらに高まっている。




―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+
★すとーりー(世界観)
―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+

第二次大戦……。
それは、人類が経験した、もっとも大規模な戦争である。
世界の主要国家が、連合国側と枢軸国側にわかれ、文字どおり総力戦を戦った戦争である。ドイツのポーランド侵攻からはじまったこの大戦は、瞬く間にヨーロッパ全土、そして全世界を舞台とした戦いへと変貌を遂げていく。
世界61カ国、のべ1億人を超える軍人が動員され、陸、海、空とステージを問わず、あらゆる場所で戦闘は行われた。

終戦後、世界には平穏が訪れる。
だが、それは表向きで平和だと信じるものはひとりもいない。様々な思惑が絡みあい、世界は東西冷戦へと突入していく。
その後、しばらくして、中国大陸や台湾、朝鮮半島、ベトナムといった地域で、アメリカとソ連の代理戦争ともいうべき戦いが勃発する。
そこで活躍したのも鋼の乙女だった。

最前線に立つ彼女らの存在が米ソの全面戦争を阻止したのも事実だが、世界の愛国者たちが、その力に震えたのもまた事実。
乙女の開発競争が、さらに激化していく要因になる。

そして、1980年、イラク。テヘランにあるアメリカ大使館で占拠事件が発生する。これが後に語り継がれる「イラク・イラン戦争」の始まりである。

―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+
★鋼の乙女ってナニ?
―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+

 『鋼の乙女』とは、世界的に有名な戦闘機「F-15 イーグル」や、日本が誇る最新鋭のイージス艦「あたご」など、最新の近代兵器が、可愛い女の子の姿となった人型兵器です。
 戦うために開発された彼女たちは、鋼鉄のボディと強力無比な武器を持ちながらも、泣いたり笑ったりする人間(少女)に限りなく近い特徴を持ちます。

―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+
★システム紹介
―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+

―――――――――――――――――――――――――
◇3DS版での特徴◇
―――――――――――――――――――――――――

(1)3Dの立体感をお楽しみください!(New!!)

前作の『萌え2次シリーズ』では、2Dのビジュアルマップを用いていましたが、本作では3Dマップで戦闘フィールドを表現し、より臨場感のある戦場となっています。
3Dボリュームをお好みで調整し、3Dの立体感をお楽しみください。

(2)3DS版のみに新シナリオを追加!(New!!)

本編シナリオの他に、ニンテンドー3DS版だけ特別に書き下ろした「おまけシナリオ」を3本収録しています。ここでしか見られない、鋼の乙女たちのプライベートをお楽しみください。

<収録シナリオ>
・エストのお姉ちゃんと一緒
・リンディの世界で一番お姫様
・ソロヴィの一人でできるもん

(3)「特殊スキル」など、3DS版のみの追加要素!(New!!)

『萌え萌え大戦争☆げんだいばーん』シリーズには、戦闘時に取得した「ボーナスポイント」を使用することによって、HPを増やしたり、攻撃力を高めたりと、自分好みに「鋼の乙女」に仕立てられる「カスタマイズ」機能があります。ニンテンドー3DS版では、この「カスタマイズ」で他のプラットフォームでは登場しない新たな「特殊スキル」が追加されます。
他にはない、自分だけの「鋼の乙女」を育てよう!

―――――――――――――――――――――――――
◇ゲームの流れ◇
―――――――――――――――――――――――――

『萌え萌え大戦争☆げんだいばーん 3D』の基本的なゲームの流れは、「アドベンチャーパート(ADV)」→「シミュレーションパート(SLG)」→「コミュニケーションパート(COM)」の3つで構成されており、一連の流れが終了すると、次のシナリオ(ADV)が開始します。

≪アドベンチャーパート(ADV)≫

登場するキャラと共にシナリオを楽しめるアドベンチャーゲームです。
シナリオは、実際の戦争・紛争をベースとしており、IFシナリオも展開されます。

≪シミュレーションパート(SLG)≫

ライトユーザーからマニアまで楽しめるシミュレーションゲームです。
『萌え戦略シリーズ』で、好評のゲームバランスは崩さず、より洗練&親切に!

≪コミュニケーションパート(COM)≫

負傷した鋼の乙女を修理することができる新規パートです。
ここでは、SLGパートでダメージを負った鋼の乙女を修理することができます。
修理を行うことにより、キャラの言動が変わることも・・・ある!?

―――――――――――――――――――――――――
◇収録シナリオ◇
―――――――――――――――――――――――――

 シナリオは、大きく分けて第一部「中東戦線」と第二部「欧州戦線」と第三部「極東戦線」の3部構成となっており、実際の戦争・紛争などを時系列で追いながらゲームが進行します。
 なお、本作は、実際の戦争の他にも、仮想戦争を舞台にしたIFシナリオも収録されています。

▼中東戦線

舞台の初めは、イラン・イラク戦争。
イランはイスラエルの支援を受けていたものの、アメリカ、欧州、ソ連の支援を受けたイラクの攻撃の前に苦戦を強いられており、地上の状況は悪化の一途を辿る。アメリカが鋼の乙女連合軍の陣頭指揮を任されることになり、主人公は乙女たちの指揮官としてイランに派遣される。

▼欧州戦線

1999年3月のNATO軍によるコソボ紛争(アライドフォース作戦)が舞台。
ユーゴスラビア国内のアルバニア系住民による独立運動が日増しに強まる中、アメリカを中心としたNATOの国々が和平調停を求めてきた。
ここで拒否すればNATO軍が出てくることを危惧したユーゴ大統領は、この調停に応じようとするが、謎の人物(ソ連)からの戦力の提供の申し出が行われる。

▼極東戦線

日本の仮想戦争が舞台。北海道の自衛隊駐屯地において、鋼の乙女達が日々訓練していた。それからしばらくして、コソボ紛争でソ連がユーゴスラビアに攻撃を行ったという情報が入ってきて、さらに次の目的が日本であると知らされる。そこへ、アメリカから主人公が日本を訪れ、急遽日本の乙女の指揮をとることになる。

―――――――――――――――――――――――――
◇戦闘システム◇
―――――――――――――――――――――――――

▽戦い方はプレイヤー次第!

各キャラクターは「アクションポイント(AP)」を持っています。
APとはユニットの行動力を表す数値で、移動や攻撃などの行動は、このAPを消費することで実行することができます。また、行動はAPが足りなくなるまで行うことが可能です。

ですので、「移動⇒攻撃⇒待機」の様に決まった一連の流れではなく、「攻撃⇒攻撃⇒攻撃⇒移動(ひたすら攻撃して離脱)」や「移動⇒攻撃⇒移動⇒攻撃(ヒットアンドウェイ)」など、戦い方はプレイヤー次第で大きく変化します。

行動によって消費したAPは、毎ターンの開始時に回復します。

▽ここぞという時の必殺技

鋼の乙女たちにはHPとAPの他に、SPという特殊なパラメーターが設定されています。このSPは戦闘中の様々の行動で上昇します。
このSPを消費することで、強力な「必殺技」を使用することが出来ます。
ここぞという時に使用して、敵を倒そう!

▽とっておきの合体技

ゲームを進めていくと、特定の鋼の乙女のペアで合体技が使用できるようになります。合体技の使用条件は厳しいものとなっていますが、必殺技より強力な攻撃を行うことができます。

<合体技の使用条件>

●「合体技」が使用可能な鋼の乙女ペアが一定範囲内にいる。
●それぞれ合体技に必要な「SP」が溜まっている。
●どちらかが敵ユニットを合体技で攻撃できる状態にある。

―――――――――――――――――――――――――
◇3Dで表現された戦場マップとキャラクター◇
―――――――――――――――――――――――――

『萌え2次シリーズ』では、2Dのビジュアルマップを用いていましたが、本作では3Dマップで戦闘フィールドを表現し、より臨場感のある戦場となっています。

―――――――――――――――――――――――――
◇ムフフ…?な、ダメージカットイン◇
―――――――――――――――――――――――――

戦闘中にキャラクターがダメージを受けHPが減ると「カットイン」が表示されることがあります。「カットイン」は全部で3段階あり、攻撃を受けると、こんなにも破れた「カットイン」も…。

―――――――――――――――――――――――――
◇大迫力の戦闘シーン◇
―――――――――――――――――――――――――

全ての戦闘が3D戦場マップのフィールド上で行われます。
演出を駆使した大迫力の戦闘シーンをお楽しみください。

―――――――――――――――――――――――――
◇鋼の乙女を自分好みにカスタマイズ◇
―――――――――――――――――――――――――

鋼の乙女が戦闘中にレベルアップすると「ボーナスポイント」を得ることができます。そのポイントを割り振ることにより、HPを増やしたり、攻撃力を高めたりと、自分好みに「鋼の乙女」をカスタマイズさせることができます。
自分好みに「鋼の乙女」を育てよう!

―――――――――――――――――――――――――
◇戦況を大きく左右するミニゲーム◇
―――――――――――――――――――――――――

戦闘中に特定の条件を満たすと、ミニゲームが発生します。
ピースを入れ替えて制限時間内に一つの絵柄にする「パズル」や、角度と強さを調整して、的に向かって砲弾を放つ「砲撃ゲーム」など、複数の種類のミニゲームを楽しめます。

ミニゲームの成否によっては、マップをクリアしやすくなったり、逆に窮地に追い込まれたりと戦況が大きく変化します。

―――――――――――――――――――――――――
◇やりこみ満点!サバイバルモード◇
―――――――――――――――――――――――――

サバイバルモードは、専用のマップを連続で戦い続けていくゲームモードです。戦場マップ上の敵を全て倒し、クリアした時点で生き残った味方のキャラクターだけで次のマップへ進むことができます。味方のキャラクターが全員撃破されてしまうと、サバイバルモードは終了します。サバイバルモードで鍛えたキャラクターのレベルは、本編に引き継ぐことができます。

序盤のマップはSLG初心者の方でも簡単にクリアできますが、戦場マップが進むにつれ、難易度が高くなってくるので、プレイヤーの能力が求められます。

―――――――――――――――――――――――――
◇初心者でも安心のチュートリアル&ヘルプ機能◇
―――――――――――――――――――――――――

シミュレーションゲーム初心者の方でも安心してお楽しみ頂けるように、「チュートリアル」や「ヘルプ」を搭載しています。

―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+
★関連コンテンツ
―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+―+
○ラジオCD

インターネットラジオステーション<音泉>にて配信していた『もえせんらじお☆げんだいばーん!』のラジオCDが発売中!
詳しくは番組HPをご覧ください。

○音楽(OP主題歌)

『萌え萌え大戦争☆げんだいばーん 3D』のOPテーマはフロンティアワークスとタイアップ!本作にキャストとして出演し、「かえってきた☆もえせんらじお7」ではパーソナリティを務める「原田ひとみ」さんの歌唱が決定!
声優としての活躍だけでなく、実力派アーティストでもある彼女の歌声をどうぞお楽しみに!!

○音楽(ED主題歌)

『萌え萌え大戦争☆げんだいばーん 3D』のEDテーマは、東方アレンジなどで人気の高い音楽サークル「SWING HOLIC」とタイアップ! 歌い手は「A~YA」に決定!!
ジャズソングを得意とし、「SOUND HOLIC」「SWING HOLIC」を始め、その他多くの作品にもゲスト参加、2枚のオリジナルアルバムも発表し、ジャズポップ「実力派魔女シンガー?!」として、精力的に活動中。





■スクリーンショット&イラスト
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像





 萌え&エロに関しては、CEROレーティングD(17歳以上対象)ということで、ある程度安心のクオリティが期待できそうです。しかし、シミュレーションゲームとして出来が良いのかどうか、そのあたりが少し心配です。まあ、おさわりできればそれでいっか!










萌え萌え大戦争☆げんだいばーん 3D
システムソフト・アルファー
2011-12-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 萌え萌え大戦争☆げんだいばーん 3D の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック